アメリカと日本のペット医療費の比較

アメリカは、医療費が世界一(日本は先進国では最低レベル)です。人の医療と同様にペットの医療も営利の感覚が強く、また、訴訟社会でもありますから、医療費が高くて当然かもしれません。もし癌になって毎週抗ガン剤が必要になったり、ホルモン疾患で検査が続いたら、かなり高額になるでしょう。ペットの保険に加入するなどの対策を取リましょう。

 


<アメリカと日本のペット手術費用>

例えば子宮蓄膿症の場合、

◉アメリカでは、手術代およそ2000ドル(日本円で24万円)

◉日本では、5万円〜20万円

 


<ペットが1週間ほど入院した時の入院費用>

血液検査、点滴なども含めますと、

◉アメリカでは、およそ100万円

◉日本では、およそ5万円〜10万円

 


<アメリカと日本のペット定期検診費用>

定期健診では、全身の診察、血液検査、体重測定、フェラリアの検査、予防接種などが含まれます。

◉アメリカでのペット定期検診では、一匹約2万円ほどの費用がかかります。

◉日本のペット定期検診では、一匹約1万5千円ほどの費用がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です